物件管理に関して



 

クアラルンプールの物件管理と弊社サービス内容


投資または別荘での物件購入の場合、購入後は現地での物件管理が必要不可欠となります。不動産を売って手数料だけ取って消える業者には注意が必要となります。購入される前に現地の管理体制に関して確認する事が大変重要になります。

具体的には以下の様な事の対応が必要になります。



 

空室もしくは別荘利用時


定期的な室内点検
水漏れが発生している場合があるため、定期的な室内の確認が必要になります。

定期的な室内の換気
湿気が多いので、定期的に室内の換気が必要になります。

管理費等の支払い
管理事務所に物件の管理費、修繕積立金、年間の火災保険料、土地税を支払う必要があります。
※現地口座のネットバンキングを使用でき、英語で管理事務所のスタッフとやりとり出来る場合は遠隔でも可能

固定資産税の支払い
年に2回送られてくる固定資産税の支払いが必要となります。
※請求書を日本の自宅宛にし、現地口座のネットバンキングを利用する事で遠隔でも可能となります。ただ、普通郵便で郵送されるので、届いた時には期日を過ぎ遅延金が発生している場合があるので注意が必要です。 

光熱費の支払い
毎月の光熱費(電気、水道、下水、ガス)の支払いも必要となります。電気、ガス、下水はポストに投函されるため、現地で回収しないといけません。現地のクレジットカードをお持ちであればカード払いにする、または前払いで多くデポジットする事で遠隔でも可能となります。



 

賃貸運用時


テナント募集
業者を使う事が一般的になります。内覧対応が必要になります。

賃貸借契約
テナントが決まれば賃貸借契約を締結する必要があります。敷金の受け渡しや契約書の作成等の実務が発生します。

入居立会い
入居前の清掃、当日の鍵の引き渡しと備品のチェックが必要となります。

毎月の家賃の入金確認
入金が遅れた場合は督促が必要となります。テナントは日本人以外になる可能性が高く、英語でのやりとりが必須となります。

テナントからのクレーム対応
水漏れや設備不良が発生する可能性は非常に高く、随時業者を手配し修繕対応が必要になります。

更新の手続き
テナントが更新希望した場合は賃料改定の折衝と覚書作成等の実務が発生します。こちらも

退去立会と原状回復
テナントが退去後の原状回復の手配と敷金の返金を行う必要があります。テナントの使用方法によってはかなり大掛かりな補修作業が必要になる場合もあります。

管理費、修繕積立金、固定資産税、火災保険料等の支払い
賃貸運用中もこちらの維持費の支払いはオーナーが行う必要があります。

所得税の支払い
賃料収入は現地(マレーシア )で確定申告する必要がございます。
非居住者の場合は利益の28%の税率となります。




 

弊社のサポート内容

※クアラルンプール中心部の物件のみご対応可能となります。

・銀行口座の開設のサポート(お持ちでない場合)
・お部屋のリフォーム、清掃
・テナント募集
・テナントとの賃貸借契約の締結
・テナントとの入退去、更新のサポート
・賃料の入金管理
・不具合修理の手配
・その他クレーム対応
・管理費、修繕積立金、固定資産税等の支払い代行
・郵便物の転送
・空室の場合は月1の室内点検
・オーナー様へのレポーティング(毎月)



 

管理サポート料金

 ○空室時:RM300 /月
 ○賃貸管理:賃料の8%もしくはRM500のいずれか高い方/月

 ※客付け時の業者手数料や郵送代や清掃代等の実費は別途ご請求となります



物件管理にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ



Hallfield